« 土日に東京行ってきます | トップページ | ライブ・オフ会などお世話になりました »

PHONON 2551見たよー

平沢さんのライブ(二日目)行ってきました。

基本スタンディングライブなんですが、
私の体調が万全ではなかったので、
数少ない2階の椅子席を座らせてもらいました。
整理番号が70番台だったんで、余裕で椅子ゲット。
右側2席も偶然友人の方々で、
みんな体調に不安がある同士ですから、
無事に座れてよかったなぁ。

席のすぐ前が柵で、ステージや1階の様子もよく見渡せます。
チケットも即日売り切れだっただけに、
1階は人が沢山。老若男女、和服、ゴスロリ、地味な人、
ガタイのいい人、いろんな格好の人がいて謎の客層。

ライブ中に倒れた方もいたので、
座れてなかったら、私もヤバかったかもです。
平沢さんは、なかなか冷静で、
シンセ弾き歌ってる最中にも関わらず、
観客の異変に気付き、その方を指差してスタッフに合図してました。
倒れた人には恐縮なんですが、
その指差す動作の、腕の上げ方や肘の角度が印象的で、
ちょっと真似したくなるような仕草でした。

かといって、ライブ自体は曲目や雰囲気からして、
盛り上がりまくって酸欠になるような感じでもなく、
たとえ前列のほうであっても
落ち着いて見てもいいし、踊ってもいいし、
観客も思い思いの楽しみ方ができる風でした。
逆に、ライブ前列にて皆で激しく盛り上がりたい人には、
残念だったかもね。


肝心のライブの内容ですが、
ミュージカルテスラコイルが見れただけで、もう幸せ。

四方八方、金網に囲まれた中に、
天辺にコイルの付いたポールが立ってて
そいつがビムビム音を出しながら、
あるいは、音を出してるようにみせかけて、
周囲の金網に向かって、稲妻スパークさせまくります。
音楽ライブというより、科学の実験ショーみたい。

「夢みる機械」て曲の時だけ、稼動してたんですが
この装置は周囲の電子機器に影響を与えてしまうようで、
案の定、マシントラブルが発生して曲中断。
もう一度、曲頭からやり直し。観客、狂喜。
平沢ファンは、マシントラブルには慣れっこ
というか、ライブを実感する要素の一つ。
なので、マシントラブル大歓迎。

「銅線コイルのトーテムに一礼する」という歌詞の通りに
テスラコイルに一礼する平沢さんも見れて楽しかったです。
この人のライブステージは、
楽器や機械の存在感が、人間に負けず劣らず。
他にも、ピカピカ鏡面加工の「ICE-9」ギターやら
車輪を廻して発電しながら鳴らす楽器やら
独自の奴らがいっぱい。

相変わらずギターも、ときどき弾く感じ。
TALBOなギターは2本あって、
「ICE-9」ピカピカギターは、設置固定されて
ステージライトを反射しまくり。
「PHOTON」ギターの方は、ステージ前方に
持ち出されて、ひざ蹴り、デストロイ奏法されてた。


リリース前の新曲も、2曲くらいやってたよ。
出囃子のメロディは、新曲なのか気になるなぁ。
某情報によると、新曲のタイトルの一つは、
まだ仮題の可能性もあるけれども、
いわゆる「大東亜戦争」時のユートピアを意味する言葉で、
でも曲自体は、ディストピアで派手に破局な雰囲気だったような…
音響悪くて、歌詞聞こえなかったけど
サビのとこ、「ちょー嫌」って叫んでるように聞こえたw

撮影カメラも入ってたようだし、ライブDVD出たらいいね。
またテスラコイルのとこ、もっと見たいし。


詳しい曲目はオブログを見るといいです。
平沢曲のタイトルを、ろくに知らなくてすいません。
曲名キーワードが、サビ辺りでドーンと出てきて
ようやく思い出せるレベルなのです。
あと、ジャッキー・チェンと平沢進は誕生日近いね。

|

« 土日に東京行ってきます | トップページ | ライブ・オフ会などお世話になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1564/43305079

この記事へのトラックバック一覧です: PHONON 2551見たよー:

« 土日に東京行ってきます | トップページ | ライブ・オフ会などお世話になりました »