« ひとり語り 弥々(09.11.08@兵庫県立芸術文化センター) | トップページ

ポルトガルから一通目

愛しいあなた、
どんなに自分が浅はかな人間か、思ってもみました?

あなたの本性がわかりました。
見せ掛けの希望で、私を裏切ったのです。
こんなに惨めな思いをさせられるなんて!

喜びの予感を注いで掻き立たせてくれた情熱は
今や、つまらぬ失望でしかないのね。
これに見合うのは、その元凶、
残酷な見限りという仕打ちだけ。

この身の悲痛がいかに機知に長けていて、
あなたがいらっしゃらない、この惨状に、
名を授けようとしたところで、
どんなに痛ましい言葉でも足りないはず!

多くの愛を映してきたこの両の目は
あなたを失えば、永遠に盲いてしまいます。

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-

という感じで、
Lettres portugaisesという
17世紀の文章を翻訳しましたので、公開します。

http://shakawa.way-nifty.com/shakawa/lettres-portugaises-lettre1.html

目次


ポルトガルの尼僧が書いた実際の恋文
もしくは、そういう体裁の書簡体小説

事実か虚構か、どっちの説が正しいかは
未だにミステリーですが、
とにかく、悲痛な内容の手紙です。


今は一通目だけですが、
全部で五通あるので、そのうち続きやります。

|

« ひとり語り 弥々(09.11.08@兵庫県立芸術文化センター) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1564/46972069

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルから一通目:

« ひとり語り 弥々(09.11.08@兵庫県立芸術文化センター) | トップページ